Scala勉強会第112回 in 本郷 2013年10月10日

rpscalaことScala勉強会第112回 in 本郷に参加してきました。

Scala勉強会第112回 in 本郷 - PARTAKE

Scala勉強会第112回 in 本郷 #rpscala - Togetter

参加者は9人? いつもと同じように芸者東京エンターテインメント株式会社様の会議室でおこなわれました。

sbt 0.13 を用いた四次元空間内の移動 | eed3si9n

いつも神懸かったテキストを書いているYokotaさんなんですが、新しくsbtの設定値のスコープについてドキュメントを書かれました。 でも僕が読んでもちょっとよくわからなかったので、吉田さんや高橋さんに細かいところを色々と伺いました。 こういう定期的に集まって色々訊ける場があるのはいいですよね。

CRDTs - 第112回 Scala 勉強会

僕の発表です。スライド中にもありますが、Akkaの作者でTypesafe CTOのJonas Bonerさんが一ヶ月くらい前におそらくプライベートで書かれていたと思われる jboner/akka-crdt というのを公開されて、面白そうかなと思って、CRDTの論文とBonerさんのコードを読んで軽く解説するということをやりました。

今度おこなわれる 怖くないScala勉強会 - connpass のLTの練習のつもりで、わかりやすいところから順番に話すような資料にしようと思ったんですが、内容もスライドもあまりrpscala向けっぽくなかったかなと思いました。

- Activate Persistence Framework

RailsのActive Recordのようなフレームワークみたいなんですが、高橋さんが見つけてきてみんなでドキュメントを読むということをやりました。PlayプラグインではPlayのフォーム・コンストラクタで直接データを入出力できるなど、かなり気合を入れて作られているのは感じました。

takezoe/gitbucket を触る

Hacker NewsにとりあげられてGithubのスターが1000個を突破するという大ブレイク中のGitbucketですが、吉田さんがHerokuにデプロイしたものがあったので、あらためてみんなで触ってみました。 本当にちょっと前のGithubにそっくりすぎて動揺が走ってましたね。間違えてGithubのキーボードショートカットを押してしまうとか。Gitbucketを触っていたつもりが間違って本物のGithubを触っていたとか。 超有名人の竹添さんがまたあらためてScalaで世界的なソフトを作ったというのは本当にすごいと思いますね。