プログラマの為の数学勉強会 2013年10月04日

最近「プログラマの為の数学勉強会」という勉強会に参加させていただいています。

プログラマの為の数学勉強会 第4回 - PARTAKE

前に「圏論勉強会」をやられていた東大の博士2年の中村晃一さんが引き続き、今度は『パターン認識と機械学習』あたりを読めるようになるために大学数学の基礎を教えてくださるという勉強会です。

僕みたいに圏論勉強会から参加している人もいますが、だいぶ人が入れ替わってる気がしますね。まあ、圏論は数学系や情報系の大学院でもやるかやらないかみたいな内容なんですが、今回は理系の大学なら一年のときに必ずやるだろうという内容なので、一気に難易度が変わった感じはありますね。

僕も一応情報系の修士なんですが、プログラミング以外の数学とか物理は一通り苦手だった覚えがありますね。入った研究室が計算モデルの研究をやっていたので論理、代数あたりは強くなったのですが、解析、線形代数、確率統計などはいまだに苦手意識が強いですね。いい機会なのでその苦手意識を克服しておこうかなと思って参加しています。

ScalaもSpireというScalazやShapelessと並んで紹介される数値ライブラリがあるんですよね。

typelevel.scala | Powerful libraries for Scala

non/spire

知識が身についたらこのへんで遊んでみたい気がしますね。